インターネットのある時代

世間では評判の宜しくない某巨大掲示板の、数年来のユーザーである。
某巨大掲示板の存在意義についての私見は置いといて、それこそ今夜のおかずからテレビドラマの評価、ごく一部で熱狂的なファンを持つ寡作ミステリー作家の新作ニュース、フリーウェアの使い心地まで、何事かを迷った時、困った時は、真っ先に頼って来た。
だから、乳がんが決定した時から、当然の如く乳がんスレを覗くようになった。
不安をこぼせば、即、レスがある。
匿名であるがゆえに、お互いに何処の誰かもわからないがゆえに、その言葉に誠実が見える。
昔昔、ある人が言ったことばが今でも忘れられない。
「人はね、知っている人には誰でも優しくするんだよ。でも、知らない人に優しく出来るのが本当に優しい人」。
たくさんの情報を得られるインターネットがあって良かったと思う。
そして、インターネットって世界に2ちゃんがあって、良かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック